エアコン工事 名古屋 ユーズてんぱく

エアコン工事・エアコン取付 ユーズてんぱく 名古屋 | エアコン工事 名古屋 ユーズてんぱく

  • トップページ | エアコン工事 名古屋 ユーズてんぱく
  • エアコン取付・取外し・お引越し工事 | エアコン工事 名古屋 ユーズてんぱく
  • エアコン追加工事 | エアコン工事 名古屋 ユーズてんぱく
  • エアコン修理・ガスチャージ | エアコン工事 名古屋 ユーズてんぱく
  • エアコンクリーニング | エアコン工事 名古屋 ユーズてんぱく
  • スタッフ・会社案内など | エアコン工事 名古屋 ユーズてんぱく
  • よくある質問 | エアコン工事 名古屋 ユーズてんぱく

エアコンの自己診断機能

日立のエアコン

日立エアコンの自己診断機能について

メーカーの取扱説明書ダウンロード

http://kadenfan.hitachi.co.jp/manual/

自己診断の簡易説明

日立製作所 ルームエアコン 室外自己診断点検表
(インバータ&PAM編)

 

・自己診断名称での「印」モードは、圧縮機のU・V・W相を外し運転すると、電気品か冷凍サイクルかの判断ができます。 (サービス実践マニュアル参照)

 

・室外機側の自己診断表示ですが「リモコンで室内表示ランプ」に室内外の自己診断を表示させる事ができます。 (機能有無はサービス実践マニュアル参照)

 


 

自己診断しない

1.パワー電源はPMの+-間端子で測定

 

1.パワー電源はPMの+-間端子で測定

2.制御・電源基板の指示電圧を確認(DC5~43V)

3.オシロスコープ等の測定器が必要の為、基板交換

4室外単体運動(S/S信号)とC・D端子の逆接続をし、テスターで振動確認(REQ信号)

(P02の③④ピンを短絡レ電源を投人すると運転する)

 


 

1回点滅

リセット停止

 

1.始動時の電源5V~43Vまでの基板指示電圧

2.室内ファン、室外四方弁等、リレー駆動時の電圧ドロップまたは接触不良確認

 

診断方法:室内異常信号防止の為、CD端子を外しサービススイッチ(冷房)で運転確認

「室内ファン」送風モードか冷房32℃で運転

「四方弁」暖房32℃で運転確認

 


 

リセット停止

1.サービススイッチで運転確認

2.室外単体運転(S/S信号)とC・D端子の逆接続をし、テスターで振動確認(REQ信号)

 


 

2回点滅

ピーク電流カット

 

1.PM・IPM・SPM導通チェック

2.ドライブ&PRDチェッカーで確認

3.DC280V電圧チェック

4.圧縮機抵抗チェック・圧縮機単体運転

 


 

3回点滅

異常低速回転

 

1、PRDチェッカーで確認

2.制御基板交換

3.DC280V電圧チェック

4.圧縮機抵抗チェック・圧縮機単体運転

 


 

4回点滅

切換失敗

 

1、PRDチェッカーで確認

2.制御基板交換

3.圧縮機抵抗チェック・圧縮機単体運転

 


 

5回点滅

過負荷下限カット

 

1.室外機のショートサイクル(風向の変更・風向ガイド)

2.室外熱交換器の汚れ及び目詰まり(洗浄)

3.室外機が直射日光による過負荷日除けテント)

4.室外FMが正常に駆動しているか(動作確認)

5.室内フィル外及び熱交換器の目詰まり(掃除・洗浄)

6.室内FMが正常に駆動しているか(動作確認)

7.冷媒のオーバーチャージをしていませんか(冷媒の入れ直し)

8.パワー電源(PAM・DC 140~390V INV・DC280V)の確認

9.制御電源(DC12V)INVのみ

10、PRDチェッカーでドライブ回路とPMチェック

11.冷凍サイクル(圧縮機・配管潰れ・電動膨張弁詰り動作不良)

12.室外機電流検出回路異常(基板交換)電源の破認

 


 

6回点滅

OHサーミスタ温度上昇

 

1、OHサーミスタ抵抗測定

2、OH電圧測定、CN接触不良

3.ゲージ圧力

4.圧縮機抵抗チェック、圧縮機単体運転

5.電源投入1分後に電動膨張コイル(開状態)外し、運転しながらゲージ圧力チェック

 


 

7回点滅

サーミスタ異常

 

1.全サーミスタの抵抗測定

2.接触不良の確認

3.サーミスタ電圧測定(異常時は5VかOVになります)

 


 

8回点滅

増速不良

 

1、PRDチェッカーで確認

2.圧縮機抵抗チェック・圧縮機単体運転

3.圧力チェックし、異常な場合は、定格の冷媒を封入

4、PMの+-間で電圧チェック

 


 

9回点滅

通信エラー

 

1、C-D問電圧測定

2.室内基板の指示電圧測定

3.室外C・D端子を外し、マイコンのSDK受信人力)をテスターで測定(振動確認)

 


 

10回点滅

電源電圧異常

 

1.室外端子台A・B問電圧測定

2、PMの+-間で電圧チェック

3.パワーリレー、運転リレーの二次側にAC100V,200出力破認

4.誤接続・未接続がないか確認

エアコン工事 名古屋 ユーズてんぱく